ブログのタイトル思いつかん

助けてください。

2021/06/09

生活リズムを治してたら更新忘れてた!! 23時くらいに寝て6時半くらいに起きるのを目標にして概ね達成してる。一週間続ければいい感じになるらしいので頑張る。

ラボ周り

  • ラボセミナーのスライド
    • 知識がなさすぎてスライドが作れませんが…
    • プロットは固まった

院試

  • 2017数学
    • 7割くらいはなんとなく取れるようになってきた
    • 線形代数は対角化の手続きばかり
      • 定義っぽいのが出されるときつい
    • 特殊関数や微分方程式は大抵丁寧な誘導がある
      • 初めてフーリエ変換を使った解法の問題も出たけど初見で対応できる感じだった
        • フーリエ変換っていうよりも基底の取り換えくらいのほうが気持ちとして納得行く
    • 一方でラプラス変換とかはまだ出てないしそのへんも忘れないようにしなきゃいけない

ほか

  • 絵は描いてるんだけどまとまった進捗がない
  • 明日は出願と2017数学の解説づくりとセミナーあとにイラストかな
  • 見てるアニメが軒並みいい感じになってきた
    • Vivyがよ…

2021/06/06

体調が回復してだいぶたったし、復活させるタイミングを失っていたので今日から復活するぜ!!!! 生活リズムが治らない!!!!!!!!!!!! 昨日は2時に寝れたので快挙です。

ラボ周り

  • ラボセミナーのスライドの見た目を考えていた
    • スライドマスター作って飽きた f:id:ebi9:20210606224847p:plain
  • 研究テーマはちゃんと決まった
    • 就職に役立ちそうなテーマになった
    • あんまり理学っぽくない
    • けど内容自体は興味があるので最強という感じ

院試

  • 2018物理
    • 解ける問題と解けない問題がハッキリしてきた
    • 解ければ7割-満点 解けなければ2割くらい
    • 今回の問題だと章動がマジでよくわからなくて誘導に乗れなかった

ほか

  • 不安が止まらないけど院試終わったあとの楽しみが膨れ上がっており、すごいことになっている

2021/05/08

精神が定期的に崩壊するが、そういうときは寝ると解決しがち。寝起きの俺は相当気分が良いっぽい

ラボ周り

  • 今日はなにもしてない

院試

  • 過去問の復習と演習
  • 院試、東大も受けることにした
    • いまの研究室のボスのボスのところ
    • あくまで念の為という感じではあるが…
  • 直交多項式の復習
    • ふたつのゼミでBessel関数が出てきたので資料作りのために
    • めっちゃ時間かかった
    • 3次元極座標ラプラシアンも久しぶりにやった!
      • こんなん院試にでたら死ぬ

ほか

  • 名取さな、めちゃくちゃ良いな…

2021/05/06

GW明けからゼミとセミナーを回すのはちょっと無理がありますよ。 あしたは輪読とセミナーってマジ?

ラボ周り

  • 輪読読み直した
  • セミナーがあった
    • 内容がかなり物性物理で、結構知っている内容を扱っていたのでめちゃくちゃ面白った
    • 質問をするぞと意気込んでいたので、実際に質問してみた
      • 「良い質問でした。ありがとう。」と言われて嬉しかった。
      • 内容自体は平易だとしても質問をするということ自体には慣れたほうがいい気がする。

        院試

  • ゼミがあった
    • 結構口をはさみながらやれたので楽しかった。
    • 分配関数の問題は、 z_i(\theta)=2\exp{(\beta mH\cos\theta})とでもおいて \mathrm{d}z_i(\theta) =2 \beta mH \exp(\beta mH\cos\theta) ( -\sin\theta \mathrm{d}\theta ) として分母分子も求めれば良さそう。
    • 議論をするのが一番頭が整理されるかもしれない。
      • あくまで相当考えたという前提のもとではあるが

        砂川電磁気

  • 6章をさっさと読み終えた。
  • 内容は初歩的だし知ってることだし院試には出ないだろうしと後回し

2021/05/03

休もうと思ったのに勉強しちゃった

ラボ周り

  • 今日はしていない。

    院試

  • 物理を解いた。
    • この年の問題、難しいとかじゃなくて解が一意に定まらなくないか?
    • あとは磁化の定義も記されていないからこれも良くない。
      • 単位体積当たりの磁気モーメントで定義される。
      • ミクロな定義だと磁化 \boldsymbol{m} \boldsymbol{m} = \frac{N}{V}\langle\mu\rangleで定義される。
      • 今回の問題では単位体積あたりに N個の磁気モーメントがある状況で、単位体積の磁化を求めよという感じだった。
        • つまりは個数密度がNなので、素直に N\times\langle\mu\rangleとしてよかったぽい。
    • 分配関数もよくわからなかった。
      • 連続的に角度が定義されている→古典的描像を採用しているということ。
      • 磁気モーメントが [\theta,\theta + \mathrm{d}\theta ]の角度をなす確率f(\theta)\mathrm{d}\theta
      • ポテンシャルエネルギーの分布がBoltzmann分布に従うとうことであったが、系の平衡状態を記述するのがBoltzmann分布ないしカノニカルアンサンブルなので言葉が多少おかしい気がする。
      • ともあれ、 [\theta,\theta + \mathrm{d}\theta ]のBoltzmann因子*縮退数を頑張って求める必要がある。分配関数はその総和(積分で表記する)
      • 磁場 \boldsymbol{H}\boldsymbol{m}のなす角\thetaは2パターンあり(縮退してるとみなす)、またポテンシャルエネルギーU = -\boldsymbol{m}\cdot\boldsymbol{H} = mH\cos\thetaで求められる。(\theta=\frac{\pi}{2}を0とかにしてると思う)
      • したがって、Boltzmann因子*縮退数は、e^{\frac{mH\cos\theta}{k_B T}}\times2となる。
      • 区間でのBoltzmann因子の総和はBoltzmann因子*縮退数をこの区間積分して定数で割る。おれは\theta積分してしまって良いと思うんだけど…
      •  \mathrm{d}^3\boldsymbol{r} を球座標系で\theta積分するとかすれば確かに一致する感じがある
      • 解答を作ってくれた人だとエネルギーごとの状態密度Botlzmann因子  \mathrm{d}Eとかでやってる人がいたからこれが一番妥当かな…。
  • てかTeX打つのめんどくさいから今後は手書きでやろうかな…

2021/05/02

7時間ぶっ続けで勉強するみたいな感じのことが問題なくできるようになってきたので無駄に捗っている。

ラボ周り

  • 輪読の予習と復習
    • 1時間くらい
    • 素直に読み直して地球の構造の復習を軽くして論文を読み進めて訳した。

院試

  • 砂川電磁気の資料作り
    • 磁気モーメントと磁気双極子の両方が出てきて混同する。
      • 実際のところ、砂川電磁気ではおそらく同一のもの。
      • この辺の理解が甘いこともあり \boldsymbol{E} - \boldsymbol{B}対応と \boldsymbol{E} - \boldsymbol{H}対応までちゃんと勉強する羽目になった。
      • トルクとエネルギーのあたりとかは要復習
  • 砂川電磁気は痒いところに手が届かない感じがあるしFeynman電磁気学の方が教育的な気がする。
    • 持ってはいないんだけど、学科の講義がFeynmanのものが基になっており、簡明で良かった。
      • 学科の先生がすごいだけという可能性もある。
  • 時間だけ恐ろしく掛かる
    • 5時間くらい掛かったのでは